コラーゲンの特徴について

PAK86_drinknomunomu20130512500コラーゲンは、皮膚の組織と組織をつなぐ重要な成分です。

ビタミンcはこの成分を生成するのを助けます。皮膚や血管、内臓、骨や軟骨、髪などにも含まれていて健康を保つには欠かせない成分です。この成分が不足すると、肌荒れを起こしたり、血管内の細胞がはがれて出血を起こしたりすることもあります。
骨粗しょう症や動脈硬化の原因となる場合もあります。このように外面的にも内面的にも身体にダメージを与えます。さらに肌の表皮の70パーセントを占めています。網目状に張り巡らされたこの成分のおかげで、ハリと弾力性のある肌を保つことができます。しかし20歳のピークを境に、この成分は年齢とともに、どんどん減少していきます。

年齢と共に減少してしまうコラーゲン

40歳になると20歳のときの半分の量になるそうです。そして、年齢とともに肌の弾力も失われていきます。そこで、内部、外部からこの成分を補うことが必須となってきます。最近では、この成分が含まれたたくさんの種類の化粧品が出回っています。自分の肌や、用途にあった化粧品を選ぶことが重要です。

低分子化されたコラーゲンと高分子のコラーゲン化粧品がありますが、低分子化されたものは、美容成分を肌の内部まで取り込むことができるメリットがあります。高分子のものは、肌の表面にとどまって潤いを保つ効果があります。今までは動物性のものが主流でしたが、最近では海洋性のものが多く流通するようになってきました。海洋性のものは吸収率が高く、匂いが少ないなどのメリットがあり、化粧品やサプリメントに多く含まれるようになっています。化粧品だけでなく、ドリンクで摂取する女性も増えています。美肌や健康を保つためにこの成分についての知識を深め、積極的に生活に取り入れていきたいものです。

コラーゲンというのは、アミノ酸が結合してできたタンパク質のひとつです。体の3分の1がそれでできています。体内量を分けると、皮膚には40%あり、20%は骨や軟骨に存在しています。その他に、内臓や血管などの各部分に分布しています。

コラーゲンの摂取方法

摂取方法としては、ビタミンCなどを摂取することにより体内で作ることができます。その他にも、直接、これが含まれるもの食べることでも摂取することができます。例えば、鶏肉を煮込むと、ゼラチン状の物質が出てきます。これがコラーゲンです。その他にもこれを含む化粧品なども多く見られ、このようなものを使用する事でも摂取できます。

さらに、摂取する事により、美しい肌を保つことができます。不足していると皮膚表面で肌荒れを起こしたりします。その他にも、血管内の細胞が剥がれることにより出血をしてしまうこともあります。また、皮膚や血管だけではなく、骨や軟骨、歯や歯茎などの健康を保つ上でも必要な成分です。

加齢や紫外線にさらされる場所にいると、肌のたるみやシワが増えていきます。この原因はコラーゲンが固くなったり、量が減っているためです。体内含有量は20歳のころが最も多く、それ以降が減少傾向になります。30代後半から40代前半には、その量は半分ほどになると言われています。つまり健康だけではなく、若さを保つためでも必要な栄養素であるため、食品や化粧品などから摂ることも必要となります。

年をとってからも体内での分解と合成ができますが、徐々にバランスが崩れ、分解のほうが多くなります。それにより、老化現象の一つで、様々な体の箇所に障害もしくは変化が表れていきます。このため年をとると、より成分の摂取が必要となります。

コンテンツ一覧